作品詳細情報MOVIE DETAILES

サンダーロードTHUNDER ROAD チッタセレクション PG12

踊っても、踊っても、切ない。

作品ジャンル

  • ドラマ

アイコンの説明

  • シネマソムリエが選ぶコダワリの映画【CITTA Selection】
  • 近日公開予定
  • 12歳未満は保護者の同伴がのぞましい
  • 15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)
  • 18歳以上鑑賞可

作品ジャンル

  • アクション
  • SF
  • ラブストーリー
  • 映画受賞作
  • サスペンス
  • ドラマ
  • ドキュメント
  • アカデミー賞受賞作
  • ホラー
  • コメディ
  • ファンタジー
  • カンヌ国際映画祭受賞作
  • アニメ
  • 冒険
  • 青春ドラマ
  • ベルリン映画祭金熊賞受賞作
  • ベネチア映画祭受賞作

SEE MORE IMAGE>

テキサス州の警官ジム・アルノーの愛する母親が亡くなった。私生活では妻と別居し、仕事も空回りでトラブル続き。親権争いの渦中にいる小学4年生の一人娘クリスタルとは週3回だけ会う生活。葬儀では遺族を代表してスピーチを任されたジムだったがうまく話せず、娘のピンクのラジカセで母が好んだブルース・スプリングスティーンの「涙のサンダーロード」に合わせて踊ろうとするが、あえなく故障で失敗。無音のなか涙ながらに踊り出すジム。バレエ教室を主宰していた母への想いを込めた踊りだったが…。そんな中、親権をめぐる調停で、母の葬儀で踊る映像が奇行の証拠として提出されると、相棒の黒人警官ネイトに八つ当たりし、ついには警官を解雇されてしまう。

公開日 2020-06-19

ポイントPOINT

妻と別居中、仕事も空回りでトラブル続きの警察官ジムが、親権争いの渦中にいる幼い娘との距離感に苦しみながらも、親子の関係を築いていく…切なくも心温まるロードムービー。監督・脚本・編集・音楽・主演を務めたのはジム・カミングス。2016年のサンダンス映画祭で圧倒的な支持を受けグランプリを受賞した短編『Tunder Road』を自ら長編映画化。(作品資料より)

スタッフSTAFF

監督・脚本・編集・音楽:ジム・カミングス

キャストCAST

ジム・カミングス/ケンダル・ファー/ニカン・ロビンソン/ジョセリン・デボアー/チェルシー・エドマンドソン/メイコン・ブレア/ビル・ワイズ

制作年/国Year/Country

2018年/アメリカ

販売中残りわずか販売開始前現在満席もしくは、販売終了

12歳未満は保護者の同伴がのぞましい

15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)

18歳以上鑑賞可

特別興行公開週最終週

レディースデーレイトショーファーストデーチネチッタデー