LIVE ZOUND

LIVE ZOUND 3つのタクティクス

ハーモニクス 音楽映画・ミュージカルに適した、調和重視型
ハードコア 劇場が狂震(きょうしん)する超迫力重視型
ハイブリッド 大迫力と調和を兼ね備えた万能型

2019年9月20日(金) 導入

CP4330 RGB NEW!

チネチッタは2019年9月20日(金)、CINE 8とCINE 12の2スクリーンに、最新のRGB 4K レーザープロジェクターを導入いたしました。
CHRISTIE社製 4K レーザープロジェクター「CP4330 RGB」による高輝度でダイナミックな映像と、【LIVE ZOUND】<LIVEサウンド>の唯一無二の音響が、新次元の映画体験を作り上げます。ぜひご体験ください。

RGBレーザープロジェクターの特徴:

従来のデジタルプロジェクターの光源が主にキセノンランプを使用していたのに対し、RGBレーザープロジェクターは光の3原色であるRGB(RED/GREEN/BLUE)それぞれのレーザーを光源として使用し、より高輝度・ハイコントラストな映像表現を可能にした次世代プロジェクターです。
また、今後より広い色域REC 2020に対応した映画が製作された際には、それを最大限に表現可能です。

NEWS

【LIVE ZOUND】3周年記念・岩浪美和音響監督考案

「らいぶざうんどくん」Tシャツ発売!

2016年9月17日に始動した【LIVE ZOUND】の3周年を記念して、岩浪美和音響監督考案のキャラクター「らいぶざうんどくん」がTシャツになりました!
是非、広い心でお買い求めください!

発売日 2019年9月17日(火)~
販売場所 チネチッタ 2F グッズショップ
販売価格 2,500円(税込)
ピンク/グレー
サイズ M・L・XL

※商品は数量限定です。お品切れの際は何卒ご了承ください。
※不良品以外の返品・交換はお受けすることができませんのでご了承ください。

LINE UP

10/18(金)~

マレフィセント2

マレフィセントの“究極の愛”が試される

“邪悪な妖精”として恐れられていたマレフィセントが真実を見つけてから数年…。穏やかに暮らすマレフィセントとオーロラの絆を引き裂き、マレフィセントを再び邪悪な存在へと連れ戻そうとする敵が忍び寄る…。

10/11(金)~

空の青さを知る人よ

hybrid

せつなくてふしぎな“二度目の初恋”の物語

山に囲まれた町に住む、17歳の高校二年生・相生あおい。将来の進路を決める大事な時期なのに、受験勉強もせず、暇さえあれば大好きなベースを弾いて音楽漬けの毎日。そんなあおいが心配でしょうがない姉・あかね。二人は、13年前に事故で両親を失った。当時高校三年生だったあかねは恋人との上京を断念して、地元で就職。それ以来、あおいの親代わりになり、二人きりで暮らしてきたのだ。あおいは自分を育てるために、恋愛もせず色んなことをあきらめて生きてきた姉に、負い目を感じていた。そんなある日。町で開催される音楽祭のゲストに、大物歌手・新渡戸団吉が決定。そのバックミュージシャンに、あかねのかつての恋人で、あおいに音楽の楽しさを教えてくれた憧れの人・金室慎之介の名前が…。高校卒業後、東京に出て行ったきり音信不通になっていた慎之介が帰ってくる…。それを知ったあおいの前に、突然“彼”が現れた。“彼”は、しんの。高校生時代の姿のままで、過去から時間を超えてやって来た18歳の金室慎之介。思わぬ再会から、しんのへの憧れが恋へと変わっていくあおい。一方で、13年ぶりにあかねと慎之介が再会を果たす。

10/4(金)~10/17(木)

ジョン・ウィック:パラベラム

hybrid

ジョン・ウィック、最後の戦い

壮絶な復讐劇の中で、スタイリッシュなスーツに身を包んで魅せる、銃と体術を組み合わせたキレ味鋭い流麗なアクション:ガン・フーと、コミックの世界から飛び出してきたような独自の世界観が全世界を熱狂させた「ジョン・ウィック」シリーズ。前作から2年、第3作となる本作では、復讐の果てに傷だらけの逃亡者となったジョン・ウィックが最後の戦いに挑む。伝説の殺し屋ジョン・ウィックを演じるのはキアヌ・リーヴス。監督は、前2作に引き続きチャド・スタエルスキ。(作品資料より)

9/20(金)~10/10(木)

【LIVE ZOUND×レーザー アルタラサウンド 7.1ch】

HELLO WORLD

hybrid

たとえ世界が壊れても、もう一度、君に会いたい

京都に暮らす内気な男子高校生・直実の前に、10年後の未来から来た自分を名乗る青年・ナオミが突然現れる。ナオミによれば、同級生の瑠璃は直実と結ばれるが、その後事故によって命を落としてしまうと言う。「頼む、力を貸してくれ。」彼女を救う為、大人になった自分自身を「先生」と呼ぶ、奇妙なバディが誕生する。しかしその中で直実は、瑠璃に迫る運命、ナオミの真の目的、そしてこの現実世界に隠された大いなる秘密を知ることになる。

9/6(金)~

ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝 -永遠と自動手記人形-

hybrid

絶望していた少女が“永遠”を見つける物語

良家の子女のみが通うことを許される女学校。父親と“契約”を交わしたイザベラ・ヨークにとって、白椿が咲き誇る美しいこの場所は牢獄そのもので…。未来への希望や期待を失っていたイザベラの前に現れたのは、教育係として雇われたヴァイオレット・エヴァーガーデンだった。

5/24(金)~

プロメア

hybrid

<滅殺開墾ハードコアver>上映あり
応炎/通常(沈黙)

hardcore

今石洋之×中島かずきが贈るオリジナル・アニメ

全世界の半分が焼失したその未曽有の事態の引き金となったのは、突然変異で誕生した炎を操る人種<バーニッシュ>の出現だった。あれから30年。攻撃的な一部の面々が<マッドバーニッシュ>を名乗り、再び世界に襲いかかる。対バーニッシュ用の高機動救命消防隊<バーニングレスキュー>の燃える火消し魂を持つ新人隊員・ガロと<マッドバーニッシュ>のリーダー・リオ。熱き魂がぶつかりあう、二人の戦いの結末は…。

LIVEサウンド の進化形=

LIVE ZOUND(ライヴ ザウンド)

チネチッタの超シネマサウンドシステム

ライヴプロデュース集団クラブチッタと手掛ける最新鋭のハイエンド音響装置。
音の職人が映画一作一作を、最適な音で調整し、その魅力を最大限に引き出します。
全身を包む弩級の重低音から、雪の舞音も逃さない広音域の表現が可能。
観客を心地よい新たな音の世界へと誘い込みます。

クラブチッタ(CLUB CITTA’)

チッタ・グループにおいてライヴ/コンサートをプロデュースする音楽のプロ集団です。日本初の大型ライヴホールの先駆けとしても全国的に知られ、多数の国内外のアーティストが公演を行なっています。最新の音響システムとオペレーションは日本最高レベルと評価も高く、自主企画の公演はクラブチッタの会場にとどまらず、全国的な規模で多数実施しており、全ての公演の制作をクラブチッタのスタッフが行っています。

クラブチッタに出演した主な歴代アーティスト:
B’z、サカナクション、SEKAI NO OWARI、Mr.Children、久保田利伸、松任谷由実、X Japan、矢沢永吉、RED HOT CHILI PEPPERS、OASIS、RAMONES、NIRVANA、Radiohead、LENNY KRAVITZ、MR.BIG、他多数

■【LIVE ZOUND】CINE8シアター 座席図は こちら

SPEC

Dolby lake

ライブプロセッサーとしての最高峰、『Lakeデジタルオーディオプロセッサー』。
高質なコアプロセッシングパワーと、高度なアプローチで音をコントロールし、最適な状態を作り上げます。
次世代を切り拓く、最も進んだハイクオリティーなスピーカープロセス能力を備え、最音響空間を描きます。

パワーアンプD80

高出力密度パワーアンプ、音の心臓部として新たな鼓動を出力。
4チャンネルハイパワーアンプでラウドスピーカーの設定と新機能を提供するため、DSPを内蔵したハイクオリティーなアンプ。

ラインアレイ・スピーカー

d&b audiotechnik社 V-series導入のワールドクラス、高品質サウンドリインフォースメント・3ウェイラウドスピーカー。
LIVE ZOUNDの明確な鍵となる、非常に明瞭で繊細なオーディオ性能と全体に澄み渡る均一な音声の特性と、ダイナミックなレンジ、圧倒的なパワーを放出します。

*サウンドリインフォースメント(通称SR 音質補正、音声補強)

J-SUB WOOFER

3台の18インチ高偏位ドライバーを搭載、2台を前方に1台を後方に向けて取り付けた2ウェイバスレフ設計。このアプローチによって、システム後方から回り込むエネルギーを減少し、低域の反射を大幅に減少することで極めて正確な低域再生、重低音を提供します。

xS-series 10S

d&b audiotechnik社製、ハイパフォーマンス2wayラウドスピーカー。バイアキシャルという設計のもとに音の密度感を高め、音の正確なコントロールを可能としています。
こちらのスピーカーを、CINE8スクリーンの左側8台、右側8台、後ろに6本の計22台設置。
新感覚のサラウンドと、高品質なサウンドをお楽しみください。

d&b audiotechnik社ラインアレイV8を4台+V12を2台を合わせた6台を左と右と中央に設置。(計18台)
サブウーファーはd&b audiotechnik社J-SUBをスクリーン下に4台設置。

AROMA

LIVE ZOUNDをそなえたCINE 8劇場内にほのかにただよう、硬質でメタリックなアロマの香り。
未体験の音響世界へ観客を誘うこの香りは、世界約100ヶ国のホテルや商業施設で香りによるブランディングや空間演出を提供しているオーストラリア生まれの企業Air Aromaが手掛けています。
LIVE ZOUNDの創り出す映画空間を視覚で、聴覚で、嗅覚で、存分にお楽しみください。

Air Aroma Japan 株式会社
http://www.air-aroma.co.jp/