作品詳細情報MOVIE DETAILES

ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!BLITHE SPIRIT チッタセレクション

ノエル・カワードの名作戯曲が、現代に蘇る!

作品ジャンル

  • コメディ
  • ラブストーリー

アイコンの説明

  • シネマソムリエが選ぶコダワリの映画【CITTA Selection】
  • 近日公開予定
  • 12歳未満は保護者の同伴がのぞましい
  • 15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)
  • 18歳以上鑑賞可

作品ジャンル

  • アクション
  • SF
  • ラブストーリー
  • 映画受賞作
  • サスペンス
  • ドラマ
  • ドキュメント
  • アカデミー賞受賞作
  • ホラー
  • コメディ
  • ファンタジー
  • カンヌ国際映画祭受賞作
  • アニメ
  • 冒険
  • 青春ドラマ
  • ベルリン映画祭金熊賞受賞作
  • ベネチア映画祭受賞作

SEE MORE IMAGE>

ベストセラー作家として名を馳せるチャールズは、スランプから抜け出すために、霊媒師マダム・アルカティに頼んで、事故死した最初の妻エルヴィラを呼び戻す。実は彼の小説は全て、生前エルヴィラが生み出したアイディアを書き留めただけのものだった。チャールズは、ハリウッド進出のチャンスをかけた初脚本も、彼女の力なしではムリだと思い知り蘇らせたのだ。夫との再会を喜んだのも束の間、エルヴィラは自分が幽霊で、チャールズには新しい妻ルースがいると知ってショックを受ける。それでもチャールズに頼まれるままに“共同”制作するうちに、楽しかった日々がよみがえる。やがてエルヴィラは、このまま脚本が完成しなければいいと願うのだが、この世にいられる期限は刻一刻と迫っていた…。

公開日 2021-09-10

ポイントPOINT

あの世から帰ってきた妻が夫とやり直したいと願うおかしさと切なさが織り交じったラブシック・ストーリー。原案は天才エンターテイナー、ノエル・カワードによる1941年初演の戯曲「陽気な幽霊」。これまでに約2000回にわたって上演され続けてきた名作中の名作を現代にフィットする物語として蘇らせたのは、ドラマ「ダウントン・アビー」の監督のひとりであるエドワード・ホール。同ドラマのマシュー・クローリー役で大ブレイクを果たしたダン・スティーヴンスが、ベストセラー作家チャールズをコミカルに演じる。また、あの世から戻ってきた妻エルヴィラ役を『ブリングリング』のレスリー・マン、チャールズの現在の妻ルースを『お買いもの中毒な私!』のアイラ・フィッシャーが演じている。そして霊媒師マダム・アルカティ役をオスカー女優ジュディ・デンチが快演しているのにも注目だ。(作品資料より)

スタッフSTAFF

監督:エドワード・ホール
原案:ノエル・カワード

キャストCAST

ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー/ジュディ・デンチ

制作年/国Year/Country

2020年/イギリス

販売中残りわずか販売開始前現在満席もしくは、販売終了

12歳未満は保護者の同伴がのぞましい

15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)

18歳以上鑑賞可

特別興行公開週最終週

レイトショーファーストデーチネチッタデー

字幕