作品詳細情報MOVIE DETAILES

ドクター・ドリトルDOLITTLE

動物と会話ができる名医ドクター・ドリトル!

作品ジャンル

  • 冒険
  • ファンタジー

アイコンの説明

  • シネマソムリエが選ぶコダワリの映画【CITTA Selection】
  • 近日公開予定
  • 12歳未満は保護者の同伴がのぞましい
  • 15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)
  • 18歳以上鑑賞可

作品ジャンル

  • アクション
  • SF
  • ラブストーリー
  • 映画受賞作
  • サスペンス
  • ドラマ
  • ドキュメント
  • アカデミー賞受賞作
  • ホラー
  • コメディ
  • ファンタジー
  • カンヌ国際映画祭受賞作
  • アニメ
  • 冒険
  • 青春ドラマ
  • ベルリン映画祭金熊賞受賞作
  • ベネチア映画祭受賞作

SEE MORE IMAGE>

動物と話せるドリトル先生は、名医だが変わり者。世間から遠ざかり、様々な動物たちとひっそりと暮らしていた。しかし、若き女王が重い病に倒れたと聞き、ドリトル先生は女王を救える唯一の治療法を求めて伝説の島へと冒険の旅に出発する。一緒に行く仲間は助手のスタビンズ少年と、ドリトル先生が最も信頼する親友である頑固なオウム、臆病なゴリラ、とぼけたアヒル、陽気なシロクマ、皮肉屋のダチョウなど個性豊かな動物たち。ほかにもメガネをかけた忠実な犬や、おしゃべりなキリン、賢くて勇敢なキツネ、昆虫などなど。旅の中で明らかとなっていく、ドリトル先生の過去、国を揺るがす陰謀……物語はめまぐるしく動き出す。

公開日 2020-06-19

ポイントPOINT

イギリスの小説家ヒュー・ロフティングによる100年もの間愛され続ける世界的ベストセラーを基に新たに生み出されるアクション・アドベンチャー。動物と会話ができる名医ドリトル先生役を『アイアンマン』『シャーロック・ホームズ』のロバート・ダウニー・Jr.が演じる。また、オウムのポリネシア役を『ハワーズ・エンド』のエマ・トンプソン、ゴリラのチーチー役を『ボヘミアン・ラプソディ』のラミ・マレックが演じるなど動物役のボイスキャストも豪華。監督は『トラフィック』の脚本を手掛けオスカーを受賞、『シリアナ』『ゴールド 金塊の行方』のスティーヴン・ギャガン。(作品資料より)

スタッフSTAFF

監督:スティーヴン・ギャガン

キャストCAST

ロバート・ダウニーJr./アントニオ・バンデラス/マイケル・シーン/ジム・ブロードベント
声の出演:エマ・トンプソン/ラミ・マレック/トム・ホランド/オクタヴィア・スペンサー

制作年/国Year/Country

2020年/アメリカ

販売中残りわずか販売開始前現在満席もしくは、販売終了

12歳未満は保護者の同伴がのぞましい

15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)

18歳以上鑑賞可

特別興行公開週最終週

レディースデーレイトショーファーストデーチネチッタデー

字幕

吹替