作品詳細情報MOVIE DETAILES

スケアリーストーリーズ 怖い本SCARY STORIES TO TELL IN THE DARK チッタセレクション

新たな恐怖は本の中からやってくる

作品ジャンル

  • ホラー

アイコンの説明

  • シネマソムリエが選ぶコダワリの映画【CITTA Selection】
  • 近日公開予定
  • 12歳未満は保護者の同伴がのぞましい
  • 15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)
  • 18歳以上鑑賞可

作品ジャンル

  • アクション
  • SF
  • ラブストーリー
  • 映画受賞作
  • サスペンス
  • ドラマ
  • ドキュメント
  • アカデミー賞受賞作
  • ホラー
  • コメディ
  • ファンタジー
  • カンヌ国際映画祭受賞作
  • アニメ
  • 冒険
  • 青春ドラマ
  • ベルリン映画祭金熊賞受賞作
  • ベネチア映画祭受賞作

SEE MORE IMAGE>

ハロウィンの夜、町外れの幽霊屋敷に忍び込んだ子供たちが一冊の本を見つける。そこには噂に聞いた怖い話の数々が綴られていた。持ち帰った次の日から子供がひとり、またひとりと消えていく。そして、その“怖い本”には毎夜ひとりでに新たな物語が書かれていくのだ。主人公は消えた子供たち。彼らが“いちばん怖い”と思うものに襲われる物語がそこにあった。次の主人公は誰なのか?子供たちはどこへ消えたのか?“怖い本”の呪いからはだれひとり逃げられない…。

公開日 2020-02-28

ポイントPOINT

全米の子供たちにトラウマを与え図書館に置くことを禁止されたいわくつきの児童書シリーズ「スケアリーストーリーズ 怖い本」を映画化。『シェイプ・オブ・ウォーター』『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ監督が、オスカー受賞後はじめて企画・製作を務め、、ストーリー原案を担当。メガホンをとったのは『トロール・ハンター』『ジェーン・ドゥの解剖』のアンドレ・ウーヴレダル。(作品資料より)

スタッフSTAFF

監督:アンドレ・ウーヴレダル
ストーリー原案・製作:ギレルモ・デル・トロ
原作:アルビン・シュワルツ

キャストCAST

ゾーイ・コレッティ/マイケル・ガーザ/ガブリエル・ラッシュ/オースティン・エイブラムズ/ディーン・ノリス/ギル・ベローズ/ロレイン・トゥーサント

制作年/国Year/Country

2019年/アメリカ

販売中残りわずか販売開始前現在満席もしくは、販売終了

12歳未満は保護者の同伴がのぞましい

15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)

18歳以上鑑賞可

特別興行公開週最終週

レディースデーレイトショーファーストデーチネチッタデー

字幕