2018.2.24. 『blank13』

2018.2.24. 『blank13』

2018年2月24日(土)にチネチッタで公開記念舞台挨拶がありました!

登壇者:
高橋一生/神野三鈴/村上淳/佐藤二朗/くっきー(野生爆弾)/リリー・フランキー/はしもとこうじ(原作)/齊藤工監督

豪華な登壇者の面々に、満員御礼の客席からは歓声が!
上映後の舞台挨拶という事で、内容についても触れながら作品に関するお話がありました。

--------------------------------------------

Q.皆様から一言ずつメッセージをお願いいたします。

【高橋一生さん】
これは多分共有していく物語ではないと思っています。これが良かったね、あれが良かったねというのも別に悪い事ではないのですけど、集団的な心理が働いてしまいますので、一人一人の感覚で受け止めてお家に持ち帰って頂ければと思います。

【齊藤工監督】
不在者を描くというのは、一つ映画の定めというものではないですがありまして、実物をそのまま説明的に映すという訳ではなく、いないものをどう描くかというところがありました。いない時に初めて感じるものというか、存在感をいつ痛感するかという事を改めて感じています。
この映画が、必要な人に届く事を願っています。本日はありがとうございいました。

--------------------------------------------

登壇者の皆様、ご来場頂いた皆様、ありがとうございました!

blank13

斎藤工、長編初監督作品