作品詳細情報MOVIE DETAILES

三度目の殺人

是枝監督がオリジナル脚本で描く法廷心理ドラマ

作品ジャンル

  • サスペンス

アイコンの説明

  • シネマソムリエが選ぶコダワリの映画【CITTA Selection】
  • 近日公開予定
  • 12歳未満は保護者の同伴がのぞましい
  • 15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)
  • 18歳以上鑑賞可

作品ジャンル

  • アクション
  • SF
  • ラブストーリー
  • 映画受賞作
  • サスペンス
  • ドラマ
  • ドキュメント
  • アカデミー賞受賞作
  • ホラー
  • コメディ
  • ファンタジー
  • カンヌ国際映画祭受賞作
  • アニメ
  • 冒険
  • 青春ドラマ
  • ベルリン映画祭金熊賞受賞作
  • ベネチア映画祭受賞作

SEE MORE IMAGE>

「自白してるんだろ?だとしたら間違いなく死刑だろう。」真実なんていらないものと信じる弁護士重盛にとって、それは、ありふれた裁判のはずだった。殺人の前科がある三隅が解雇された工場の社長を殺し、火をつけた容疑で起訴された。犯行も自供し、死刑はほぼ確実だった。しかし、調査を進めるにつれ、重盛の中で違和感が生まれていく。会うたびに動機さえも変わる三隅の供述。なぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?得体のしれない三隅に呑みこまれているのか?弁護士は、初めて心の底から真実を知りたいと願う。

公開日 2017-09-09

ポイントPOINT

是枝裕和監督が手がける法廷心理ドラマ。真実は必要ないと信じる弁護士・重盛を『そして父になる』から2度目の是枝監督とのタッグとなる福山雅治、重盛に対峙する殺人犯・三隅を是枝組初参加となる役所広司が演じるほか、物語の鍵を握る少女で被害者の娘役に『海街diary』から是枝作品2作品目の出演となる広瀬すず、被害者の妻役に斉藤由貴、重盛と事件解明に奔走する司法修習の同期弁護士に吉田鋼太郎、重盛の事務所に所属する若手弁護士に満島真之介、本事件の担当検察官に市川実日子、重盛の父親役で、30年前に三隅が関わった事件の裁判長だった橋爪功と、日本映画界を代表する名優が本作を彩る。(作品資料より)

スタッフSTAFF

監督・脚本・編集:是枝裕和

キャストCAST

福山雅治/役所広司/広瀬すず/吉田鋼太郎/斉藤由貴/満島真之介/市川実日子/橋爪功

制作年/国Year/Country

2017年/日本