作品詳細情報MOVIE DETAILES

ボヤージュ・オブ・タイムVOYAGE OF TIME:LIFE'S JOURNEY チッタセレクション

宇宙の誕生から現代まで続く壮大な時間の旅

作品ジャンル

  • ドキュメント

アイコンの説明

  • シネマソムリエが選ぶコダワリの映画【CITTA Selection】
  • 近日公開予定
  • 12歳未満は保護者の同伴がのぞましい
  • 15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)
  • 18歳以上鑑賞可

作品ジャンル

  • アクション
  • SF
  • ラブストーリー
  • 映画受賞作
  • サスペンス
  • ドラマ
  • ドキュメント
  • アカデミー賞受賞作
  • ホラー
  • コメディ
  • ファンタジー
  • カンヌ国際映画祭受賞作
  • アニメ
  • 冒険
  • 青春ドラマ
  • ベルリン映画祭金熊賞受賞作
  • ベネチア映画祭受賞作

SEE MORE IMAGE>

悲しみ、怒り、喜び、希望…。さまざま思いを抱えながら人々が暮らす星、地球。始まりはビッグバンだった。暗闇から光が生まれ、宇宙が始まった。無数の太陽、惑星が形成され、そのうちのひとつに地球があった。やがて大地と海が分かれ、海に初めての生命が誕生する。生命は地上にも進出し、進化の結果、恐竜が現れる。その繁栄も隕石の衝突で消え、地球は冬の時代に。しかし地球はまた命を取り戻し、ついに人類が出現する。

公開日 2017-03-10

ポイントPOINT

“伝説の映画作家”と言われる監督テレンス・マリックは、若い頃は大学で哲学を専攻し、卒業後は大学で哲学を教えていた事がある。そのためか彼の作品には哲学的な問いが常に投げかけられている。本作はその彼の世界観を映画化したともいえる映像詩だ。さまざまVFXを使い、ビックバンや惑星誕生、死に絶えた生物が活躍する世界まで見せてくれる。そして太古の世界を思わせる、今も地球のどこかに残る大自然の風景も素晴しい。本作の製作には10年以上を要し、2011年の『ツリー・オブ・ライフ』も、今から考えれば本作と連携するシーンがかなりあることがわかる。

スタッフSTAFF

監督・脚本:テレンス・マリック
製作:ブラッド・ピット

キャストCAST

日本語版語り:中谷美紀

制作年/国Year/Country

2016年/フランス=ドイツ=アメリカ