作品詳細情報MOVIE DETAILES

サバイバルファミリー

すべての電気が消えた世界で、さあどうする

作品ジャンル

  • ドラマ

アイコンの説明

  • シネマソムリエが選ぶコダワリの映画【CITTA Selection】
  • 近日公開予定
  • 12歳未満は保護者の同伴がのぞましい
  • 15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)
  • 18歳以上鑑賞可

作品ジャンル

  • アクション
  • SF
  • ラブストーリー
  • 映画受賞作
  • サスペンス
  • ドラマ
  • ドキュメント
  • アカデミー賞受賞作
  • ホラー
  • コメディ
  • ファンタジー
  • カンヌ国際映画祭受賞作
  • アニメ
  • 冒険
  • 青春ドラマ
  • ベルリン映画祭金熊賞受賞作
  • ベネチア映画祭受賞作

SEE MORE IMAGE>

東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。冴えないお父さんと天然キャラなお母さん、無口な息子にスマホがすべての娘。東京に暮らす鈴木家は、ありふれた普通の家族だ。ある朝突然、緊急事態発生。テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池に至るまで、電気を必要とするすべてのものが完全にストップしてしまった。ただの停電じゃなさそうだ。情報も絶たれ自由を奪われた生活。そんな中、お父さんが決断を下す。

公開日 2017-02-11

ポイントPOINT

『ウォーターボーイズ』『ハッピーフライト』などの矢口史靖監督が、原案、脚本、監督を務めたサバイバル・コメディー。電気がなくなり、人々の生活が危機を迎えた中、生き残りを懸けて東京脱出を試みる家族の姿が描かれる。極めて困難な状況でありながらもユーモア満載で描写するのは、矢口監督の真骨頂だ。また、極力CGを用いず、リアルな絵を求めて10,000kmの日本全国オールロケを敢行、のべ1,500人ものエキストラが参加した壮大な撮影を実施し、スケールの大きな作品になっているところも、見どころのひとつだ。鈴木家の両親を演じるのは、小日向文世と深津絵里。小日向さんが豚を追いかけ、深津さんが泥だらけになるなど、名優の体当たりぶりにも注目を。

スタッフSTAFF

監督・脚本・原案:矢口史靖

キャストCAST

小日向文世/深津絵里/泉澤祐希/葵わかな/菅原大吉/徳井優/桂雀々/森下能幸/田中要次/有福正志/左時枝/ミッキー・カーチス

制作年/国Year/Country

2017年/日本