作品詳細情報MOVIE DETAILES

四十九日のレシピ

母が残した“幸せに生きるためのレシピ”

作品ジャンル

  • ドラマ

アイコンの説明

  • シネマソムリエが選ぶコダワリの映画【CITTA Selection】
  • 近日公開予定
  • 12歳未満は保護者の同伴がのぞましい
  • 15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)
  • 18歳以上鑑賞可

作品ジャンル

  • アクション
  • SF
  • ラブストーリー
  • 映画受賞作
  • サスペンス
  • ドラマ
  • ドキュメント
  • アカデミー賞受賞作
  • ホラー
  • コメディ
  • ファンタジー
  • カンヌ国際映画祭受賞作
  • アニメ
  • 冒険
  • 青春ドラマ
  • ベルリン映画祭金熊賞受賞作
  • ベネチア映画祭受賞作

SEE MORE IMAGE>

ある日、熱田家の母・乙美が突然亡くなった。二週間後、生きる気力を失っていた夫・熱田良平のもとに、派手な格好のイマドキ女子・イモが訪れる。イモは乙美から頼まれていた四十九日までの細々とした家事などを引き受けに来たと話し、良平に乙美が残した“レシピ”の存在を伝える。そこへ結婚し、東京で生活を送っていた娘の百合子が疲れ果てた様子で帰ってきた。結婚後不妊治療を続けるもうまくいかず、夫に不倫され結婚生活は破たん。離婚届を残し実家に戻ってきたのだった。

公開日 2013-11-09

ポイントPOINT

ポプラ社小説大賞特別賞を受賞した伊吹有喜の小説「四十九日のレシピ」を映画化。2011年にNHKでドラマとして放送され話題となった人気作だが、映画化にあたりキャストを一新している。主人公百合子を演じるのは、『八日目の蝉』で2011年日本アカデミー賞最優秀助演女優賞など映画各賞を総ナメにし、日本映画界を代表する演技派女優となった永作博美。またその他の主要キャストには、百合子の父・良平役に石橋蓮司、日系ブラジル人ハルに岡田将生、熱田家に突然現れる派手な不思議少女イモ役に二階堂ふみ、百合子との関係が冷めてしまっている夫・浩之を原田泰造が演じる。監督は『百万円と苦虫女』『ふがいない僕は空を見た』のタナダユキ。(作品資料より)

スタッフSTAFF

監督:タナダユキ
原作:伊吹有喜
脚本:黒沢久子

キャストCAST

永作博美/石橋蓮司/岡田将生/二階堂ふみ/原田泰造

制作年/国Year/Country

2013年/日本

ニュースNEWS

2013.11.09.『四十九日のレシピ』

2013年11月9日(土)舞台挨拶がありました!

出演者:
永作博美 / 石橋蓮司 / タナダユキ監督

販売中残りわずか販売開始前現在満席もしくは、販売終了

12歳未満は保護者の同伴がのぞましい

15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)

18歳以上鑑賞可

特別興行公開週最終週

レディースデーレイトショーファーストデーチネチッタデー