作品詳細情報MOVIE DETAILES

旅立ちの島唄 十五の春 チッタセレクション

南大東島を舞台に、少女の成長を描く

作品ジャンル

  • ドラマ

アイコンの説明

  • シネマソムリエが選ぶコダワリの映画【CITTA Selection】
  • 近日公開予定
  • 12歳未満は保護者の同伴がのぞましい
  • 15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)
  • 18歳以上鑑賞可

作品ジャンル

  • アクション
  • SF
  • ラブストーリー
  • 映画受賞作
  • サスペンス
  • ドラマ
  • ドキュメント
  • アカデミー賞受賞作
  • ホラー
  • コメディ
  • ファンタジー
  • カンヌ国際映画祭受賞作
  • アニメ
  • 冒険
  • 青春ドラマ
  • ベルリン映画祭金熊賞受賞作
  • ベネチア映画祭受賞作

SEE MORE IMAGE>

沖縄から東へ360キロ。南大東島にすむ仲里優奈は、さとうきび農家を営む父と二人で暮らしている。母は那覇に渡ったまま帰って来ず、家庭は壊れかけていた。中学3年に進級し、島の民謡グループ“ボロジノ娘”のリーダーになった。ある日、姉が幼い娘を連れて帰ってくる。夫との間に何があったのか気になる優奈。やがて、島を挙げて北大東島と戦う一大イベント「南北親善競技大会」の日がやってきた。北大東島からの選手の中に、優奈が気になっている長身の青年がいた。

公開日 2013-05-18

ポイントPOINT

太平洋に浮かぶ孤島、南大東島には高校がない。子供たちは15の春に島を旅立つ――。そんな実情から生まれた一人の少女の物語だ。実在する民謡グループ“ボロジノ娘”や、島の子供たちの物語を丁寧な取材の上で脚本化、珠玉の感動作に仕上げたのは、あの井筒和幸監督のもとで腕を磨いた『キトキト』の吉田康弘監督。1年間の島の行事を再現しながらも、決して“観光映画”になっていないのに好感が持てる。だが、本作の魅力は何と言っても新星・三吉彩花の瑞々しさ。『グッモーエビアン』で毎日映画コンクール・スポニチグランプリ新人賞に輝いている彼女が、素直になれない年頃の揺れ動く気持ちを見事に表現している。三線の腕前にも注目だ。

スタッフSTAFF

監督・脚本:吉田康弘

キャストCAST

三吉彩花/大竹しのぶ/小林薫/早織/小久保寿人/ひーぷー/普久原明/立石涼子

制作年/国Year/Country

2012年/日本

ニュースNEWS

2013.05.18.『旅立ちの島唄 十五の春』

2013年5月18日(土)舞台挨拶がありました!

出演者:
吉田康弘監督

販売中残りわずか販売開始前現在満席もしくは、販売終了

12歳未満は保護者の同伴がのぞましい

15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)

18歳以上鑑賞可

特別興行公開週最終週

レディースデーレイトショーファーストデーチネチッタデー