作品詳細情報MOVIE DETAILES

ヴァンパイアvampire チッタセレクション

死に急ぐ女たちと血に魅入られた男が出会う

  • シネマソムリエが選ぶコダワリの映画【CITTA Selection】
  • 近日公開予定
  • 12歳未満は保護者の同伴がのぞましい
  • 15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)
  • 18歳以上鑑賞可

作品ジャンル

  • アクション
  • SF
  • ラブストーリー
  • 映画受賞作
  • サスペンス
  • ドラマ
  • ドキュメント
  • アカデミー賞受賞作
  • ホラー
  • コメディ
  • ファンタジー
  • カンヌ国際映画祭受賞作
  • アニメ
  • 冒険
  • 青春ドラマ
  • ベルリン映画祭金熊賞受賞作
  • ベネチア映画祭受賞作

若い女性“ゼリーフィッシュ”が自殺サイトで知り合った男“プルート”に人生最期の瞬間を委ね、血を抜き取られる。密かに血の提供者を求めてさまようプルートことサイモンは高校の生物教師で、自殺願望を抱く教え子のミナには「死んではいけない」と諭す一面もあった。家に帰ればアルツハイマーの母と2人暮らし。ある誤解がきっかけで警官と親しくなり、その妹ローラが彼らの静かな生活に闖入し、サイモンは苛立つ。

公開日 2012-09-15

ポイントPOINT

『花とアリス』以来8年ぶりとなる長編監督作品で岩井俊二は、原作・脚本・音楽・撮影・編集・プロデュースまで自ら担い、昨今人気のヴァンパイア映画とは趣を異にするユニークな物語を生み出した。『トランスアメリカ』のケヴィン・セガーズが好演する繊細で知的な青年の孤独と偏執が招く猟奇的な殺人は、他者と接することに臆病な若者たちのぎごちない生き方を浮かび上がらせる。全編英語のオリジナル脚本に挑み、蒼井優を除いて初顔合わせとなる海外の俳優たちを使いながら、ここで展開するのは懐かしさと同時に今という時代を感じさせる美しくも悲しいラブストーリーであり、隅から隅までとことん“岩井俊二ワールド”なのだ。

スタッフSTAFF

監督・脚本:岩井俊二

キャストCAST

ケヴィン・ゼガーズ/ケイシャ・キャッスル=ヒューズ/蒼井優/アデレイド・クレメンス/トレヴァー・モーガン/アマンダ・プラマー//クリスティン・クルック/レイチェル・リー・クック

制作年/国Year/Country

2011年/アメリカ、カナダ、日本

ニュースNEWS

2012.09.15.『ヴァンパイア』

2012年9月15日(土)舞台挨拶がありました! 

出演者:
岩井俊二監督/蒼井優