作品詳細情報MOVIE DETAILES

アナベル 死霊博物館ANNABELLE COMES HOME

恐怖のアナベル人形、再び

作品ジャンル

  • ホラー

アイコンの説明

  • シネマソムリエが選ぶコダワリの映画【CITTA Selection】
  • 近日公開予定
  • 12歳未満は保護者の同伴がのぞましい
  • 15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)
  • 18歳以上鑑賞可

作品ジャンル

  • アクション
  • SF
  • ラブストーリー
  • 映画受賞作
  • サスペンス
  • ドラマ
  • ドキュメント
  • アカデミー賞受賞作
  • ホラー
  • コメディ
  • ファンタジー
  • カンヌ国際映画祭受賞作
  • アニメ
  • 冒険
  • 青春ドラマ
  • ベルリン映画祭金熊賞受賞作
  • ベネチア映画祭受賞作

SEE MORE IMAGE>

超常現象研究家のウォーレン夫妻の家。その地下にある保管室の展示物は全て呪いが憑りついたいわく付きの品々で、夫妻によってその呪いを封印されていた。保管室の最も奥のガラスケースの中にある、ビンテージ人形アナベルも…。ある日、一晩留守になるウォーレン夫妻に代わり娘ジュディの面倒を見るためにやって来たメアリーとクラスメイトのデニース。入らなければ大丈夫と聞いたものの、保管室に足を踏み入れてしまうデニース…。アナベルの力は解き放たれ、あらゆる展示物に夥しい展示物に死霊が憑りつき、逃げ場のない館で少女たちに最恐の呪いが襲い掛かる!

公開日 2019-09-20

ポイントPOINT

2013年10月に公開された『死霊館』で日本を恐怖のどん底に陥れたアナベル人形。その人形は実在し、現在もコネティカット州にある博物館に保管され、月2回、神父による祈祷が行われている。そんなアナベル人形の誕生と経緯を描いた『アナベル 死霊館の人形』『アナベル 死霊人形の誕生』は大きいな話題を呼んだ。本作は『死霊館』と『アナベル』を繋ぐ重要な位置づけとなる作品。ウォーレン夫妻を演じるのは「死霊館」シリーズと同じく、パトリック・ウィルソンとベラ・ファーミガ。そして夫妻の娘であり本作の主人公ジュディを『ギフテッド』『キャプテン・マーベル』に出演するマッケナ・グレイスが演じる。(作品資料より)

スタッフSTAFF

監督・脚本:ゲイリー・ドーベルマン
製作:ジェームズ・ワン

キャストCAST

マッケナ・グレイス/マディソン・アイズマン/ケイティ・サリフ/パトリック・ウィルソン/ベラ・ファーミガ

制作年/国Year/Country

2019年/アメリカ

販売中残りわずか販売開始前現在満席もしくは、販売終了

12歳未満は保護者の同伴がのぞましい

15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)

18歳以上鑑賞可

特別興行公開週最終週

レディースデーレイトショーファーストデーチネチッタデー