作品詳細情報MOVIE DETAILES

<7.1ch>ラ・ヨローナ~泣く女~THE CURSE OF LA LLORONA

決して、水のある所に近づいてはいけない…

作品ジャンル

  • ホラー

アイコンの説明

  • シネマソムリエが選ぶコダワリの映画【CITTA Selection】
  • 近日公開予定
  • 12歳未満は保護者の同伴がのぞましい
  • 15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)
  • 18歳以上鑑賞可

作品ジャンル

  • アクション
  • SF
  • ラブストーリー
  • 映画受賞作
  • サスペンス
  • ドラマ
  • ドキュメント
  • アカデミー賞受賞作
  • ホラー
  • コメディ
  • ファンタジー
  • カンヌ国際映画祭受賞作
  • アニメ
  • 冒険
  • 青春ドラマ
  • ベルリン映画祭金熊賞受賞作
  • ベネチア映画祭受賞作

SEE MORE IMAGE>

ラ・ヨローナ。それは“泣く女”。ヨローナは永遠に彷徨い続け、かつて自身の手で殺してしまった我が子を取り戻したい一心で水辺へと誘い、そして溺死させる。ある問題を抱えた母親が子どもの危機を感じ取り、不吉な警告を発するものの、それを無視したアンナと幼い子供たちは、ほどなくしてヨローナの恐怖に引きずり込まれることになる。彼女は海や川、プールやお風呂、そしてトイレ、水たまりであろうが、水のある所に現れる。ヨローナのとてつもない怒りにさらされる彼女たちは果たして生き延びられるか。

公開日 2019-05-10

ポイントPOINT

古くから中南米に伝わる呪われた存在、ヨローナ。それは、かつて愛する夫が浮気をしたことにより、嫉妬に狂った女が、夫が世界で一番愛する我が子を溺死させてしまった女だ。その後悔から嘆き苦しみ、遂には自ら川に身を投げ、呪いとなってこの世を彷徨っているのだ。そんなヨローナの呪いを描いた本作を監督するのは、新鋭マイケル・チャベス。主演のソーシャルワーカーの女性アンナを『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のリンダ・カデリーニが務め、彼女の子どもエイプリルとクリスを『アメリカン・スナイパー』のマデリン・マクグロウ、新人のローマン・クリストウがそれぞれ演じる。(作品資料より)

スタッフSTAFF

監督:マイケル・チャベス
製作:ジェームズ・ワン

キャストCAST

リンダ・カデリーニ/マデリン・マクグロウ/ローマン・クリストウ/レイモンド・クルツ/パトリシア・ベラスケス

制作年/国Year/Country

2018年/アメリカ

販売中残りわずか販売開始前現在満席もしくは、販売終了

12歳未満は保護者の同伴がのぞましい

15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)

18歳以上鑑賞可

特別興行公開週最終週

レディースデーレイトショーファーストデーチネチッタデー