作品詳細情報MOVIE DETAILES

ある少年の告白BOY ERASED チッタセレクション PG12

僕は僕でしかいられない

作品ジャンル

  • ドラマ

アイコンの説明

  • シネマソムリエが選ぶコダワリの映画【CITTA Selection】
  • 近日公開予定
  • 12歳未満は保護者の同伴がのぞましい
  • 15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)
  • 18歳以上鑑賞可

作品ジャンル

  • アクション
  • SF
  • ラブストーリー
  • 映画受賞作
  • サスペンス
  • ドラマ
  • ドキュメント
  • アカデミー賞受賞作
  • ホラー
  • コメディ
  • ファンタジー
  • カンヌ国際映画祭受賞作
  • アニメ
  • 冒険
  • 青春ドラマ
  • ベルリン映画祭金熊賞受賞作
  • ベネチア映画祭受賞作

SEE MORE IMAGE>

アメリカの田舎町。牧師の父と母のひとり息子として、何不自由なく育った大学生のジャレッド。彼はある時、思いがけない出来事をきっかけに自分は男性のことが好きだと気付く。しかし、息子の告白を受け止めきれない両親が勧めたのは、同性愛を“治す”という転向療法への参加だった。そこでジャレッドが目にした<口外禁止>だというプログラムの内容は驚くべきものだった。自らを偽って生きることを強いる施設に疑問と憤りを感じ、ある行動を起こすが…。

公開日 2019-04-19

ポイントPOINT

2016年に発表され、全米で大きな反響呼んだ衝撃の実話を映画化。主人公ジャレッドを演じるのは、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた若手実力派ルーカス・ヘッジズ。ジャレットの両親役には、ラッセル・クロウ、ニコール・キッドマンとベテラン俳優陣が脇を固める。監督は『ザ・ギフト』以来、2作品目の長編作となるジョエル・エドガートン。(作品資料より)

スタッフSTAFF

監督・脚本:ジョエル・エドガートン
原作:ガラルド・コンリー

キャストCAST

ルーカス・ヘッジズ/ニコール・キッドマン/ラッセル・クロウ/ジョエル・エドガートン/グザヴィエ・ドラン/トロイ・シヴァン

制作年/国Year/Country

2018年/アメリカ

販売中残りわずか販売開始前現在満席もしくは、販売終了

12歳未満は保護者の同伴がのぞましい

15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)

18歳以上鑑賞可

特別興行公開週最終週

レディースデーレイトショーファーストデーチネチッタデー