作品詳細情報MOVIE DETAILES

麻雀放浪記2020 チッタセレクション PG12

原案を敬愛し続けた製作陣が挑む、スーパーリブート作品

作品ジャンル

  • ドラマ

アイコンの説明

  • シネマソムリエが選ぶコダワリの映画【CITTA Selection】
  • 近日公開予定
  • 12歳未満は保護者の同伴がのぞましい
  • 15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)
  • 18歳以上鑑賞可

作品ジャンル

  • アクション
  • SF
  • ラブストーリー
  • 映画受賞作
  • サスペンス
  • ドラマ
  • ドキュメント
  • アカデミー賞受賞作
  • ホラー
  • コメディ
  • ファンタジー
  • カンヌ国際映画祭受賞作
  • アニメ
  • 冒険
  • 青春ドラマ
  • ベルリン映画祭金熊賞受賞作
  • ベネチア映画祭受賞作

SEE MORE IMAGE>

2020年の“未来”。人口は減少し、労働はAIに取って代わられ、街には失業者と老人があふれている…。そしてそこは“東京オリンピック”が中止となった未来だった…嘘か?真か!?1945年の“戦後”からやってきたという坊や哲が見る、驚愕の世界。その時、思わぬ状況で立ちはだかるゲーム“麻雀”での死闘とは!?

公開日 2019-04-05

ポイントPOINT

阿佐田哲也のベストセラー小説「麻雀放浪記」を、35年ぶりに再映画化。原作は、1945年の戦後を舞台にしたアウトローたちの青春期であり、その時代の空気や風俗も余すところなく活写。本作ではこの原作を原案とし、その精神を盛り込みながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジしている。主人公“坊や哲”を演じるのは斎藤工。坊や哲を拾って面倒を見ることにした地下アイドル・ドテ子を姉妹ユニット“チャラン・ポ・ランタン”のヴォーカル・ももが務める。また芸能プロダクションの社長でドテ子の部屋に転がり込むクソ丸を竹中直人、麻雀クラブ「オックスクラブ」のママ・ゆきをベッキーが演じる。監督は『凶悪』『孤狼の血』の白石和彌。(作品資料より)

スタッフSTAFF

監督:白石和彌
原案:阿佐田哲也

キャストCAST

斎藤工/もも/ベッキー/竹中直人

制作年/国Year/Country

2019年/日本

販売中残りわずか販売開始前現在満席もしくは、販売終了

12歳未満は保護者の同伴がのぞましい

15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)

18歳以上鑑賞可

特別興行公開週最終週

レディースデーレイトショーファーストデーチネチッタデー