作品詳細情報MOVIE DETAILES

パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)THE HAPPYTIME MURDERS チッタセレクション PG12

下ネタ満載の“相棒”刑事アクション

作品ジャンル

  • アクション
  • コメディ

アイコンの説明

  • シネマソムリエが選ぶコダワリの映画【CITTA Selection】
  • 近日公開予定
  • 12歳未満は保護者の同伴がのぞましい
  • 15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)
  • 18歳以上鑑賞可

作品ジャンル

  • アクション
  • SF
  • ラブストーリー
  • 映画受賞作
  • サスペンス
  • ドラマ
  • ドキュメント
  • アカデミー賞受賞作
  • ホラー
  • コメディ
  • ファンタジー
  • カンヌ国際映画祭受賞作
  • アニメ
  • 冒険
  • 青春ドラマ
  • ベルリン映画祭金熊賞受賞作
  • ベネチア映画祭受賞作

SEE MORE IMAGE>

人間とパペットが共存する世界。私立探偵のフィルのもとに現れた依頼人サンドラは、脅迫状の差出人探しを依頼する。フィルは手がかりを探りに知り合いのヴィニーの店に行くが、何者かがヴィニーや客のパペットらを射殺してしまう。駆けつけたコニー刑事は、かつて警察でフィルとコンビを組んでいた間柄だったが、誤射事件でフィルが退職して以来、二人の関係には亀裂が入っていた。やがてフィルの行く先々で連続殺人が起き、フィルは犯人と疑われてしまう。

公開日 2019-02-22

ポイントPOINT

TV「セサミストリート」や映画『ダーククリスタル』などで知られるパペット操者ジム・ヘンソンの息子ブライアン・ヘンソンが監督・製作を務めたパペットムービー。ハードボイルド映画の主人公のようなパペット私立探偵フィルが、過去のトラウマを乗り越えて連続殺人事件の犯人を追うというストーリーに、コメディ女優のメリッサ・マッカーシー扮するかつての相棒刑事が絡む。犯人探しというミステリー仕立てだが、見どころはむしろ全編を覆う下品なギャグ。パペットが二級市民として差別されるなど人種差別への風刺もあるが、おもなギャグは性的な下ネタだ。これが見ていて“やり過ぎ”と思えるほど突き抜けている。パペットだから許されるとはいえ、アメリカでは当然のごとくR(成人)指定。日本ではまさかのPG12指定になったが、親子で行ったらドン引きまちがいなし。いい意味で、刺激に耐えられる大人こそ楽しめるパペットムービーだ。

スタッフSTAFF

監督:ブライアン・ヘンソン
原作・脚本:トッド・バーガー

キャストCAST

メリッサ・マッカーシー/ビル・バレッタ/ジョエル・マクヘイル/マーヤ・ルドルフ/レスリー・デヴィッド・ベイカー/エリザベス・バンクス

制作年/国Year/Country

2018年/アメリカ

販売中残りわずか販売開始前現在満席もしくは、販売終了

12歳未満は保護者の同伴がのぞましい

15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)

18歳以上鑑賞可

特別興行公開週最終週

レディースデーレイトショーファーストデーチネチッタデー