作品詳細情報MOVIE DETAILES

来る PG12

人間の心の闇を描く、最恐エンターテインメント

作品ジャンル

  • ホラー

アイコンの説明

  • シネマソムリエが選ぶコダワリの映画【CITTA Selection】
  • 近日公開予定
  • 12歳未満は保護者の同伴がのぞましい
  • 15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)
  • 18歳以上鑑賞可

作品ジャンル

  • アクション
  • SF
  • ラブストーリー
  • 映画受賞作
  • サスペンス
  • ドラマ
  • ドキュメント
  • アカデミー賞受賞作
  • ホラー
  • コメディ
  • ファンタジー
  • カンヌ国際映画祭受賞作
  • アニメ
  • 冒険
  • 青春ドラマ
  • ベルリン映画祭金熊賞受賞作
  • ベネチア映画祭受賞作

オカルトライター・野崎のもとに、相談者・田原が訪れた。最近彼の身の回りで、超常現象としか言い様のない怪異な出来事が連続しており、妻・香奈と幼い一人娘・知紗に危害が及ぶことを恐れていると言う。野崎は、霊媒師の血をひくキャバ嬢・真琴とともに調査を始めるが、田原家に憑いている“何か”は、想像をはるかに超えて強力なものだった。民俗学者・津田はその“何か”を、田原の故郷の民間伝承に由来する、人ならざるモノ、「ぼぎわん」ではないかと言う。対抗策を探すため、記憶を辿る田原。幼き日。「お山」と呼ばれる深い森。片足だけ遺された赤い子供靴。名を思い出せない少女。誰かがささやく声。その声の主、・そ・う・か・!・あ・れ・の・正・体・は・、・あ・い・つ・だ・!あれの名を呼んではならない。あれは人の声と形を真似て、人の心の闇に、来る。エスカレートする霊的攻撃に死傷者が続出。真琴の姉で日本最強の霊媒師・琴子の呼びかけで、日本中の霊媒師が集結。かつてない規模での「祓いの儀式」が始まろうとしていた。

公開日 2018-12-07

ポイントPOINT

第22回日本ホラー小説大賞受賞作「ぼぎわんが、来る」を映画化。主演は『関ヶ原』『散り椿』の岡田准一。『小さいおうち』でベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞した黒木華。『渇き。』で鮮烈な女優デビューを飾った小松菜奈。『ヴィヨンの妻』『告白』の松たか子。『悪人』『怒り』の妻夫木聡。そのほか、青木崇高、柴田理恵、伊集院光、太賀といった個性的な面々が共演。監督は『下妻物語』『告白』『渇き。』の中島哲也。(作品資料より)

スタッフSTAFF

監督:中島哲也
原作:澤村伊智

キャストCAST

岡田准一/黒木華/小松菜奈/松たか子/妻夫木聡

制作年/国Year/Country

2018年/日本

販売中残りわずか販売開始前現在満席もしくは、販売終了

12歳未満は保護者の同伴がのぞましい

15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)

18歳以上鑑賞可

特別興行公開週最終週

レディースデーレイトショーファーストデーチネチッタデー