作品詳細情報MOVIE DETAILES

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス チッタセレクション

“さよなら”世界ツアーの幕が上がる

作品ジャンル

  • ドキュメント

アイコンの説明

  • シネマソムリエが選ぶコダワリの映画【CITTA Selection】
  • 近日公開予定
  • 12歳未満は保護者の同伴がのぞましい
  • 15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)
  • 18歳以上鑑賞可

作品ジャンル

  • アクション
  • SF
  • ラブストーリー
  • 映画受賞作
  • サスペンス
  • ドラマ
  • ドキュメント
  • アカデミー賞受賞作
  • ホラー
  • コメディ
  • ファンタジー
  • カンヌ国際映画祭受賞作
  • アニメ
  • 冒険
  • 青春ドラマ
  • ベルリン映画祭金熊賞受賞作
  • ベネチア映画祭受賞作

“ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ”は、アメリカの偉大なギタリスト、ライ・クーダーがキューバを旅した際に出会った地元の老ミュージシャンに声をかけて結成されたビッグバンド。そこには、当時92歳のギタリストを筆頭に、かつて第一線で活躍したベテラン歌手や音楽家たちが集まってきた。1997年にライ・クーダーのプロデュースで発売されたアルバム「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」は、ワールド・ミュージックのジャンルとしては異例の900万枚を売り上げ、グラミー賞を受賞。さらに、ヴィム・ヴェンダースが彼らの音楽と人柄に惚れ込んで監督したドキュメンタリー映画も全世界で破格のヒットを飛ばし、アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞候補に。日本でもミニシアターの枠を超える大ヒットとなった。それから18年。平均年齢 73才となった5人の現メンバーがさよなら世界ツアーを決行。カメラは彼らのプロとしてのキャリアの浮き沈み、これまでのパーソナルな旅路やメンバーの死にも迫る。

公開日 2018-07-20

ポイントPOINT

1999年に大ヒットしたヴィム・ヴェンダースの音楽ドキュメンタリー『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』の続編。平均年齢 73才となった5人のメンバーが決行した“さよなら世界ツアー”に密着。メンバーの死も含めたその後の彼らの歩みに迫る。本作ではヴェンダースが製作総指揮に回り、『津波そして桜』でアカデミー賞短編ドキュメンタリー賞候補になったルーシー・ウォーカーが監督を務めた。(作品資料より)

スタッフSTAFF

監督:ルーシー・ウォーカー

キャストCAST

オマーラ・ポルトゥオンド/マヌエル・“エル・グアヒーロ”・ミラバール/バルバリート・トーレス/エリアデス・オチョア/イブライム・フェレール

制作年/国Year/Country

2017年/イギリス

販売中残りわずか販売開始前現在満席もしくは、販売終了

12歳未満は保護者の同伴がのぞましい

15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)

18歳以上鑑賞可

特別興行公開週最終週

レディースデーレイトショーファーストデーチネチッタデー