作品詳細情報MOVIE DETAILES

のみとり侍 R15

“蚤とり”、実態は女性に愛をご奉仕する裏稼業

作品ジャンル

  • コメディ
  • ラブストーリー

アイコンの説明

  • シネマソムリエが選ぶコダワリの映画【CITTA Selection】
  • 近日公開予定
  • 12歳未満は保護者の同伴がのぞましい
  • 15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)
  • 18歳以上鑑賞可

作品ジャンル

  • アクション
  • SF
  • ラブストーリー
  • 映画受賞作
  • サスペンス
  • ドラマ
  • ドキュメント
  • アカデミー賞受賞作
  • ホラー
  • コメディ
  • ファンタジー
  • カンヌ国際映画祭受賞作
  • アニメ
  • 冒険
  • 青春ドラマ
  • ベルリン映画祭金熊賞受賞作
  • ベネチア映画祭受賞作

SEE MORE IMAGE>

老中・田沼意次の規制緩和により、金になれば何でもOKな江戸の世。越後長岡藩士として出世コースを邁進する小林寛之進は、ある失言から藩主・忠精の逆鱗に触れ、左遷されてしまう。その左遷先は、猫の“蚤とり”を生業とする貧乏長屋。そこには、旦那の甚兵衛と女房のお鈴、貧しい子供たちに読み書きを教える友之介が暮らしていた。戸惑う寛之進の初めての猫の“蚤とり”客は、亡き妻・千鶴に瓜二つの女・おみね。この運命的な出会いに胸高鳴る寛之進であったが、彼女から浴びせられたのは、「この、下手クソが!!!!」の一言。猫の“蚤とり”とは、女性に“愛”をご奉仕する裏稼業であったのだ。意気消沈する寛之進の前に、妻・おちえに浮気を封じられた、伊達男の清兵衛が現れた…。

公開日 2018-05-18

ポイントPOINT

小松重男の小説「蚤とり侍」を実写映画化。主人公・小林寛之進を演じるのは阿部寛。監督は『後妻業の女』の鶴橋康夫。(作品資料より)

スタッフSTAFF

監督・脚本:鶴橋康夫
原作:小松重男

キャストCAST

阿部寛/寺島しのぶ/豊川悦司/斎藤工/風間杜夫/大竹しのぶ/前田敦子/松重豊/桂文枝

制作年/国Year/Country

2018年/日本

販売中残りわずか販売開始前現在満席もしくは、販売終了

12歳未満は保護者の同伴がのぞましい

15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)

18歳以上鑑賞可

特別興行公開週最終週

レディースデーレイトショーファーストデーチネチッタデー