作品詳細情報MOVIE DETAILES

ワンダーストラック<聴覚障がい者用日本語字幕付き>WONDERSTRUCK チッタセレクション

セルズニックの小説を映画化

作品ジャンル

  • ドラマ

アイコンの説明

  • シネマソムリエが選ぶコダワリの映画【CITTA Selection】
  • 近日公開予定
  • 12歳未満は保護者の同伴がのぞましい
  • 15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)
  • 18歳以上鑑賞可

作品ジャンル

  • アクション
  • SF
  • ラブストーリー
  • 映画受賞作
  • サスペンス
  • ドラマ
  • ドキュメント
  • アカデミー賞受賞作
  • ホラー
  • コメディ
  • ファンタジー
  • カンヌ国際映画祭受賞作
  • アニメ
  • 冒険
  • 青春ドラマ
  • ベルリン映画祭金熊賞受賞作
  • ベネチア映画祭受賞作

SEE MORE IMAGE>

1977年、ミネソタ。母親を交通事故で亡くし、おばさんに預けられる少年ベン。実父を知らないベンは、母の遺品から父のある手がかりを見つける。その50年前の1927年、ニュージャージー。両親が離婚し、厳格な父に育てられる聴覚障害のある少女ローズは、いつも孤独だった。憧れの女優リリアン・メイヒューの記事をこっそり集めたスクラップブックがローズの宝物。ある日、ベンは会ったことのない父を探して、ローズは憧れの女優に会うために、それぞれニューヨークへと向かう。異なる時代に生きた2人の物語はやがて謎めいた因縁で結び付けられ、一つになっていく…。

公開日 2018-04-06

ポイントPOINT

『エデンより彼方に』『キャロル』のトッド・ヘインズ監督が、「ヒューゴの不思議な発明」のブライアン・セルズニックの同名ベストセラー小説を映画化。疎外された2人の子供たちを主人公に、見失ってしまった大切なものを探しに出る2つの物語が交互に語られる。本作で脚本家デビューを果たした原作者のセルズニックは、ローズのパートは“白黒でサイレント”、ベンのパートは“カラーで音あり”で描くなど、独創的にその世界観の違いを表現している。少年ベンを演じるのは『ピートと秘密の友達』のオークス・フェグリー。少女ローズ役には、自身も聴覚障害を持ち、本作が映画初出演となる13歳のミリセント・シモンズが大抜擢された。また、この二人をつなぐ重要な役どころをジュリアン・ムーアが演じている。(作品資料より)

スタッフSTAFF

監督:トッド・ヘインズ
脚本・原作:ブライアン・セルズニック

キャストCAST

オークス・フェグリー/ジュリアン・ムーア/ミシェル・ウィリアムズ/ミリセント・シモンズ

制作年/国Year/Country

2017年/アメリカ

販売中残りわずか販売開始前現在満席もしくは、販売終了

12歳未満は保護者の同伴がのぞましい

15歳以上鑑賞可(中学生の方は年齢のわかる証明書等をご提示ください。)

18歳以上鑑賞可

特別興行公開週最終週

レディースデーレイトショーファーストデーチネチッタデー